紫外線を避けて日焼けはしないようにする

日焼けすると効果が薄くなりやすい

全身脱毛を受ける前に注意することとして、日焼けをしないことを挙げるサロンは少なくありませんが、その理由はなぜでしょうか。 理由の一つとして、脱毛のメカニズムと日焼けの仕組みが挙げられます。 日焼けの原因は紫外線です。紫外線を浴びると肌のバリア機能を持つ角質層と呼ばれる部分ではじいてくれることが大半ですが、はじききれない部分が体内に入ってしまいます。はじききれなかった部分はメラノサイトと呼ばれる色素細胞でメラニン色素を作り、紫外線を吸収して肌の奥にまで紫外線が届かないようにしています。このメラニン色素が多く作られると日焼けとして肌に残ってしまうのです。 全身脱毛で使うレーザーや光脱毛は、黒い色に反応する特殊な光を採用しているため、メラニン色素が多く出ている肌には当てにくいです。やけどしないように調節するため、通常の脱毛よりも効果を実感するのが遅くなります。

肌荒れや色素沈着の可能性がある

一般的に脱毛時に光やレーザーを使うと、毛根のメラニン色素に刺激を与え、生えてこないようにする作用があります。毛根部分の色素だけを焼くのが仕組みとなっていますが、日焼けをしている場合、メラニン色素が肌全体に出ているため、毛根ではなく肌のメラニン色素に反応することも少なくありません。結果として肌全体で痛みを感じてしまう可能性が高いです。また、日焼けをしている肌は乾燥しやすいため、刺激に敏感となります。レーザーなどを照射すると肌荒れの原因になりやすいため、脱毛をする前に日焼けをしてはいけません。
特にレーザーを照射した後、日焼けしている人の場合は色素沈着を起こしやすく、ひどい時にはやけどをして皮膚科に通わなければならない可能性もあるため、絶対に日焼けをしないように心がけましょう。

© Copyright Removing Hair Safely. All Rights Reserved.